2013.05.07

2013年度時間学公開学術シンポジウム「〈夜〉の文化史」開催のお知らせ

時間学研究所では下記の要領で時間学公開学術シンポジウム「〈夜〉の文化史」を開催いたします。過去の人びとや社会は
夜間という時間帯とどのように向きあってきたのか。また、それぞれの時代の〈夜〉の過ごしかた・イメージのありようは、その時代のテクノロジーや文化とどのようにかかわりあっていたのか。こうした問いかけから、〈夜〉の多様な歴史的形姿を照らし出そうという試みです。市民の方々をはじめ、皆様のご参加をお待ち申し上げます。(ポスター画像)

開催日時:2013年6月8日(土) 15:00~18:00(開場14:00)
会場:山口大学吉田キャンパス大学会館(入場無料・予約不要)
共催:日本時間学会
講演:
近森高明先生(慶応義塾大学文学部)
「夜を飼い慣らす:都市照明の社会史」
小山恵美先生(京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科)
「平安の都における「夜」の光環境と暮らしについての考察:「燈火」の実測と平安文学をヒントとして」

お問い合わせ先:山口大学時間学研究所
TEL:(083)933‐5848
E-mail:jikann@yamaguchi-u.ac.jp

会場周辺地図(クリックして拡大)

2013.04.16

明石真教授のコメント掲載―毎日新聞 “体の中にも正しい「時」を”(平成25年4月16日朝刊15面)

毎日新聞(平成25年4月16日朝刊15面)の記事 “体の中にも正しい「時」を” に明石真教授のコメントが掲載されました。
『●毛根で乱れ測定』にて、明石教授の開発した毛根から時計遺伝子の振舞を測定する手法の紹介と医療機関での応用に向けた展望が記されております。

2013.04.12

「山口大時間学研究所 体内時計を医療に応用」 日本経済新聞 (平成25年4月11日朝刊)

日本経済新聞(平成25年4月11日朝刊)の “知の明日を築く” のコーナーにて、
「山口大時間学研究所 体内時計を医療に応用」
が紹介されました。

Web版では、進士所長のインタビューも掲載されております。
「時間学、幸せになるヒント追う」

2013.04.12

共通教育「時間学B」開講

共通教育「時間学B」が開講となりました。時間学研究所関係教員による、学部生向けのオムニバス講義です。

・時間学Bの受講者へのお知らせ
第1回講義で配布したレポート用紙を紛失した際は、下記のPDFをプリントアウトしてご利用下さい。
時間学2013前期用レポート

2013.04.05

青山准教授の著書『分析哲学講義』(筑摩書房)が3大学の入試問題文に

本研究所の青山拓央准教授の著書『分析哲学講義』(筑摩書房)が平成25年度入試で3つの大学 (公立大学1、私立大学2) の国語の問題文で用いられました。

2013.04.05

平成25年度科研費に2件が新規内定

平成25年度科研費に本研究所の宮崎真教授(基盤研究A)と右田裕規講師(若手研究B)が新規内定しました。


Fatal error: Call to undefined function wp_pagenavi() in /home/at4/rits/public_html/blog/wp-content/themes/twentyten/archive.php on line 59