【ご案内】時間学公開学術シンポジウム2018を開催します。

 時間学研究所では下記の要領で時間学公開学術シンポジウム2018を開催します。また、シンポジウム翌日に時間学研究所が共催している日本時間学会主催特別講演会が開催されます。両日ともどなたでもご参加いただけます。皆様のお越しをお待ちしております。

時間学公開学術シンポジウム2018
『心的時間の諸特性とその基礎 ―時間はどのようにして体験されているのか?―』

日  時 : 2018年6月9日(土)14:30~17:40(開場 14:00)
場  所 : 千葉大学 西千葉キャンパス 文学部棟105講義室
      (千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33)
講  師 : 山本 健太郎 先生
       (九州大学大学院人間環境学研究院人間科学部門 講師)
       『心的時間における認知的基盤』
      四本 裕子 先生
       (東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系 准教授)

       『時間知覚と脳内ネットワーク』
      林 隆介 先生
       (産業技術総合研究所人間情報研究部門脳科学研究グループ 主任研究員)
       『視覚情報の階層的な処理とその時間的統合について』
主  催 : 山口大学時間学研究所
共  催 : 千葉大学・日本時間学会
シンポジウム概要は→ここ←をクリック。
 

日本時間学会第10回記念大会特別講演会
『世界の標準時と原子時計最先端』

日  時 : 2018年6月10日(日)10:00~12:00(開場9:30)
場  所 : 千葉大学 西千葉キャンパス文学部棟105講義室(シンポジウム会場と同じ)
講  師 : 細川 瑞彦 先生
      (国立研究開発法人 情報通信研究機構 理事)
主  催 : 日本時間学会
共  催 : 千葉大学・山口大学時間学研究所
特別協賛 : セイコーホールディングス株式会社

時間学公開学術シンポジウム2018 チラシ表面              ポスター(PDFデータ)のダウンロードは→ここ←をクリック。