明石 真 Makoto AKASHI

時間学研究所 教授
【写真】明石真

PROFILE
1973年生まれ(北海道出身)。京都大学農学部卒業後、
京都大学大学院理学研究科(西田栄介研究室)へ進学。
日本学術振興会特別研究員(DC2→PD、SPD)を経て、
佐賀大学循環器内科学教員に赴任。2009年10月より現職。
2010年、日本時間生物学会学術奨励賞受賞。2011年、文部科学大臣表彰科学技術賞を時間学研究所グループにて受賞。

RESEARCH
24時間社会に生きる現代人の健康のために体内時計の理解は不可欠です。分子機構の理解を目指した研究を中心に、ヒト体内時計の計測法なども目指しています。

代表的業績
・Sato. M., Murakami. M., Node. K., Matsumura. R., and Akashi. M.
The role of the endocrine system in feeding-induced tissue-specific circadian entrainment
Cell Reports 2014; 8(2): 393-401
・Akashi. M., Okamoto. A., Tsuchiya. Y., Todo. T., Nishida. E., and Node. K.
A positive role for PERIOD in mammalian circadian gene expression
Cell Reports 2014; 7(4): 1056–1064
・Akashi. M., Soma. H., Yamamoto. T., Tsugitomi. A., Yamashita. S., Yamamoto. T., Nishida. E., Yasuda. A., Liao. J.K., and Node. K.
Non-invasive method for assessing human circadian clock using hair follicle cells
Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS) 2010; 107(35): 15643-15648

明石研究室ホームページ