右田 裕規  Hiroki MIGITA

時間学研究所 副所長/准教授
右田先生

PROFILE
1973年生まれ(島根県出身)。
京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。
博士(文学)。2012年より山口大学時間学研究所講師。2015年7月より現職。

RESEARCH
時間にかかわる制度や人びとの意識・営みは歴史的にどう変化してきたかという問いについて社会学的な視点から研究しています。とりわけ主題的に取り組んでいるのは時間意識・制度の近代的再編というテーマです。

代表的業績
・「楽園・畜犬・定時性――ハチ公物語の地誌論/東京論的再読」時間学研究所監修『時間学の構築Ⅱ 物語と時間』恒星社厚生閣、2017年