森下 徹  Toru MORISHITA

時間学研究所/兼務所員
山口大学教育学部 社会科教育講座 教授
【写真】森下徹

PROFILE
1963年生まれ。
東京大学大学院人文科学研究科博士課程 博士(文学)
1994年、教育学部講師として山口大学に赴任、以後、助教授、准教授を経て今に至る。

RESEARCH
日本近世史を専攻し、とくに都市域を中心に形成された多様な「労働者」の世界を研究テーマとしています。それに関連して、労働を管理する側からも、また働く側からも、時間に基づく定量化がどのようにして発生するのか、という問題にも関心をもっています。

山口大学研究者紹介 人・知・技