藤澤 健太  Kenta FUJISAWA

時間学研究所 所長 / 教授
藤沢先生


PROFILE

1967年生まれ(大分県出身)。東京大学理学部天文学科卒業。
東京大学大学院理学系研究科を修了。博士(理学)。
宇宙科学研究所COE研究院、通信・放送機構研究員を経て国立天文台助手、山口大学助教授、准教授、2010年4月より現職。2011年、文部科学大臣表彰科学技術賞を時間学研究所グループにて受賞。

RESEARCH
電波望遠鏡を使って天体を観測する研究を行っています。研究対象は星とブラックホールで、これらの天体の研究を通じて、宇宙の現象を時間を軸として考察しています。

代表的業績
・Periodic flare of the 6.7-GHz methanol maser in IRAS 22198+6336
Fujisawa et al. PASJ, 66, 78 (2014)
・Observations of 6.7 GHz methanol masers with East-Asian VLBI Network. I.
VLBI images of the first epoch of observations
Fujisawa et al. PASJ, 66, 31 (2014)
・Bursting Activity in a High-Mass Star-Forming Region G33.64-0.21 Observed
with the 6.7GHz Methanol Maser
Fujisawa et al. PASJ, 64, 17 (2012)

電磁宇宙物理学研究室ホームページ